公取協TOP

公取協TOP > 活動 > 公正取引協議会 > 公正取引協議会とは

公正取引協議会とは

公正取引協議会とは、消費者庁長官及び公正取引委員会より新たに共同認定された公正競争規約の適切な運用を図るために設置された業界団体です。

その活動内容は、

  1. 公正競争規約の周知徹底に関すること

  2. 公正競争規約についての相談、指導及び苦情処理に関すること

  3. 公正競争規約の規定に違反する疑いがある事実の調査に関すること

  4. 公正競争規約の規定に違反する事業者に対する措置に関すること

  5. 景品表示法及び公正取引関連法令の普及並びに違反の防止に関すること

  6. 関係官庁との連絡に関すること

  7. その他公正競争規約の施行に関すること

となっています。

 平成28年4月現在、公正取引協議会は全部で80 団体あり、業種は医療用医薬品をはじめ食品、自動車、不動産等、多岐にわたっており、新聞公正取引協議会、スポーツ用品公正取引協議会、自動車公正取引協議会、旅行業公正取引協議会、全国銀行公正取引協議会などがあります。これらの公正取引協議会を全国的に組織したものが一般社団法人全国公正取引協議会連合会です。