公取協TOP

公取協TOP > はじめに > シンボルマーク > シンボルマークの解説

シンボルマークの解説

 医療用医薬品製造販売業公正取引協議会のシンボルマークは「天秤」、「Trade」、「人」、「錠剤」の要素を総合したデザインです。

「天秤」は公正さ、「Trade」は、医療用医薬品の取引のシンボルであり、透明で公正な取引を確保するという公取協の設立目的を示しています。また、「人」は向かい合った二人の顔を、天秤の柱のシルエットで表現しており、MR同士、所課長同士、公取協担当者同士が問題に正面から対峙し、共に話し合い、注意しあって問題解決にあたるという公取協運営の基本理念を表現しています。さらに、天秤の上部、及び両脇に「錠剤」を配置することで、営業活動と倫理観との均衡を保ちながら、公正な立場で業務を遂行することを象徴しています。

 シンボルカラーは「スカイブルー」で、公正を表し、水や澄んだ空気のように透明感を感じる色となっています。

2012年02月08日投稿